絵本・図鑑・児童書買いトラせて下さい! 無料段ボール申込み 買取申し込み

DWE教材 説明&年代ごとの違い


【トークアロングカードとは?】

カードには絵と単語や文章が印刷されています。

プレイメイトにカードを通すと英語でフレーズが流れます♪

録音機能もついていますので、聴いて、発音する事で楽しく、英語が身につくと思いますし、親子一緒に楽しみながらできると思います♪

カード510枚で単語・物の名前・動詞・文章まで幅広く学習できます。

ディズニーの絵や楽しいリズムが入ったカードもありますので、お子様のお気に入りのカードがきっとみつかります♪

こちらの教材はDWE絵本、ストレートプレイDVDの内容と対応しておりますが、単独でご使用でも十分楽しんで学習頂けます。

~商品内容~ ※現行版

・ トークアロングカード・・・510枚

・ プレイメイト・・・1台

・ ACアダプター・・・1個

・ マジックスクリーン・・・1個

・ ミッキーマイク、ミニーマイク・・・各1個

・ タグ付きインデックス・・・12枚

・ ガイドブック・・・1冊

・ 青いカード収納箱・・・2個

・プレイメイト使用説明書・・・1冊

・プレイメイト収納ケース・・・1個

~各年代ごとの違い~

【プレイメイト本体の違いについて】

基本的にはアナログ版とデジタル版に分かれます。

販売開始~2002年半ば頃まではアナログ版

2002年半ば~現行版まではデジタル版

アナログ版は磁気テープを読み取り、デジタル版はバーコードを読み取ります。

デジタル版のもののほうが音声がクリアで聞き取り安くなっています。

【トークアロングカードの違いについて】

大きく分けて、アナログ版カード・片面デジタル版・両面デジタル版の3種類となっています。

基本枚数の510枚は発売当初より変更ありません。

販売開始~2002年半ば頃アナログ版

2002年半ば頃~2005年10月頃までのものは片面デジタル版

2005年10月頃以降~現行版のものは両面デジタル版

両面デジタル版のものは裏表どちらにも音声が収録されています。

アナログ版、片面デジタル版は音声収録は表面のみです。

【その他】

2008年末頃よりカードの収納箱がミッキーとミニーのものと変更になりました。

2008年末頃よりプレイメイトの収納ケースが付属するようになりました。

(プレイメイト本体以外にマイク・アダプター等も収納できます)

2008年末頃よりカードを分けるインデックスカードが付属するようになりました。

○2008年末頃よりマイクがミッキーマイク・ミニーマイクとなりました。